痔の日帰り手術ブログ

2012年1月16日 月曜日

痔瘻の方に朗報! 最先端!「Surgisis AFP(Anal Fistula Plug)」

痔瘻とは、肛門内から皮膚へのトンネルができてしまう病気です。
痔瘻の手術では、トンネルをくりぬくか、切り上げてトンネルを開いてしまう方法が行われます。

ところが、海外では痔瘻の治療の画期的な製品が販売されています。
その名は「Surgisis AFP(Anal Fistula Plug)」
どんなものか解説しましょう・・・できるだけ簡潔に。

「Surgisis AFP(Anal Fistula Plug)」は痔瘻のトンネル部分をコラーゲンのパイプでもって塞いでしまおう、という発想です。見てください、この形。
(参照)http://www.cooksis.com/products/surgisis_afp/
トンネル内に「留置する」という発想なので、通常の手術と違って切除する部分がほとんどありません。
その結果、術後の痛みがほとんどありません。ホームページによると成功率87%とのこと。
通常の手術では成功率は95%程度ですから、「痛みが少ない」というAFPのメリットと天秤にかけなければなりません。


実際の現場では、トンネル部分にそう簡単にAFPを差し込めるのか?、トンネル部分に感染がある場合でも大丈夫なの?などと、クリアすべき問題が様々ありそうです。
残念ながら今のところ、日本でこのAFPによる治療は行われていません。
いつか「Surgisis AFP(Anal Fistula Plug)」が日本の痔瘻界?に普及する日は来るのでしょうか。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら