痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

いぼ痔(痔核)の手術:結紮切除術とは

痔は、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)の3つに大別できます。
結紮切除術は、痔核に適応される手術です。
結紮切除術を簡単に説明すると、「痔核を切除して奥の部分を糸で縫う手術」となります。

痔核(いぼ痔)とは、直腸肛門部の血行が悪くなり血管の一部が膨れる病気です。
立ち姿勢や座りっぱなしの仕事などの生活により肛門部の血行障害が起こってできる痔で、内痔核(歯状線より上の部分)と外痔核(歯状線より下の皮膚部分)があります。
今回は多くの痔の患者さんが、苦しんでいる内痔核の手術の代表;結紮切除術の概要について書きます。

「結紮切除術」とは
痔核に繋がる動脈を縛って血流を止めて、痔核を含めて肛門の外側の皮膚までを放射状に切除します。
(この際には、剥離する深さが重要です。深すぎると肛門を締める筋肉を損傷してしまいます。)
小さな傷で痛みが少なく、短時間の手術で終わります(当院では痔核3つで通常約20分程度)。


最大の特徴は、痛みが少ないことです。
この手術では切除した部分を完全には縫合しません(完全に縫合すると術後の痛みがひどくなってしまいます)。一昔前は「痔の手術は痛い」と言われていましたが、この結紮切除術を正しく行うことで痛みについての心配はなくなりました。この「結紮切除術」は術後の再発率が1~2%程度で、他の外科的療法に比較して術後の経過が極めて良好です。
現在のところ、最も信頼のおける手術法で「根治手術」と呼ばれています。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら