痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

「痔ろう(痔瘻)」の手術(特にセトン法:シートン法:Seton法について)

「痔」には大きく分けて3種類あります。
痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、痔ろう(あな痔)です。

そのうち「痔ろう(痔瘻)」とは、まず肛門に粘液を出す肛門腺という管に感染を起こして膿が貯まり、肛門の周りの皮膚から膿が噴出した後に管だけが残った状態のことです。
痔ろうの症状としては、膿が貯まってしまった時に、肛門の痛み、重苦しさ、発熱、排膿などがあります。
肛門の痛みがみるみる激しくなっていき、受診した時にはかなりの量の膿が貯まっていることが多いです。
(もう、手で押さえただけで痛むくらいなので、座ることができない患者さんもたくさんいます!)

さて、「痔ろう(痔瘻)」になると、きっちり治すためには手術以外に方法がありません。

「痔ろう(痔瘻)」に対する手術法としては、開放手術とセトン法(=シートン法、Seton法)などがあります。
「セトン法」とは、ろう孔(膿が出るトンネル部分)に「ひも」(又は輪ゴム)を通すことによって徐々にろう孔を開放していくというマイルドな?手術で、日帰りでも可能です。

この手術法の特徴としては肛門周囲の皮膚の変形が少なく、再発も少ないことが挙げられます。
軽い麻酔で可能で、術後の日常生活に支障がありません。

・・・輪ゴムをトンネル部分に通すだけで治る「セトン法」。
痔瘻手術のスタンダードです。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら