痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

肛門科へ行きづらい理由

おしりの症状があるのに、肛門科へ行きづらいという方がいます。
多くの外来初診患者さんに聞いたところ、約7割の方が「肛門科に来るのに抵抗があった」と答えています。

そして、その理由は・・・しっかり3ヶ月間の統計をとって、割合が高いものから並べてみました。
①(様々な意味で)恥ずかしい
②今までは、自然に治ってきた
③専門病院が近くになかった
④痛いかもしれない

他には、「どのみち他人に見せない部分だから」「手術がイヤだから」「肛門科はなんとなく暗いイメージ」・・・などもありました。
(診察する側の立場からすると、上記の理由は全て考え違いだと思うものなのですがねぇ)

さて、それでは患者さんはどのようにして「肛門科に来る抵抗」を乗り越えて来院されたのでしょうか。これについてもしっかり統計をとりました。
①友人の紹介や評判
知り合いで肛門科を受診した方がいれば、紹介の有無に関わらず来院しやすいようです。
②インターネット
病気や診察に関する情報がいきわたることで、安心感が生まれるようです。
「暗いイメージ」の払拭に役立つと言えるかも知れません。
③症状がひどくなってきた
痛くてどうしようもなくなってから来院された場合などです。


これらの結果からは、実は「抵抗感を乗り越えた理由」≒「この病院を選んだ理由」だというのがよくわかります。
医療者側は「肛門の悩みを相談しやすい環境をつくるべきだ」などと簡単に言いますが、

それは決して
「建物や内装をキレイにする」
「駅に近いところに病院を作る」
「診療時間を遅くまでにする」

という意味ではなく、

『ここなら(多少の恥ずかしさを我慢さえすれば)良い医療を受けられる』という信用を積み重ねることなのだとあらためて感じました。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら