痔の日帰り手術ブログ

2012年5月 5日 土曜日

ららぽーと横浜クリニックの舞台裏その2:『黄色の腕章が目印!CAPとは?』

今回は診療補助部門からの投稿です。

(以下、始まり)

今回はららぽーと横浜クリニックの知られざる舞台裏を少しだけご紹介したいと思います!
皆さんは当院にいらした際、黄色い腕章を付けたスタッフを見たことがありますか?(よく第一診察室に入ると院長の後ろで診察の補助をしています!)
初めて見た方は“何故一人だけ黄色い腕章を付けているのだろう?”と不思議に思ったかも知れません。このポジションのスタッフのことを当院では“キャプテン”と呼んでいます。

当 院では胃腸科・肛門科・内科・アレルギー科・皮膚科の5つから成る一般外来診療を行っており、このことだけでも多くの患者カテゴリーがあります。さらに! この一般外来診療は、内視鏡検査や日帰り手術と並行して行われているため、非常に多くの種類の患者カテゴリーが発生している時間帯が少なからずあるので す。その時間帯には、内視鏡検査を予約して来院された方・一般外来を予約して来院された方・予約していない方・予約されていないものの優先的な診察が必要 な病状の方・・・など、様々な方が待合室に同居しているわけですから、必ずしも来院された順番通りに診察を進めていけば良いという訳ではありません。

“クリニックの状況に応じて診察と検査が円滑に行えるようにすること”・・・これが非常に重要なポイントとなります。そんな大切な役割を担うのが“キャプテン”という役職なのです。
具体的には、キャプテンは患者さんを診察室へお呼びするだけでなく、院長からスタッフへの伝達事項を行ったり、何を優先すべきか自分で考えて周りのスタッフへ伝えたりなどの役割を果たしています。いわば“パイプ”のような役割です。

いかがですか?
診察室に入る度に黄色い腕章を見て不思議に思われていた方にとっては“なるほど”と謎が解けたような感じになったのではないでしょうか?普段は決して見える ことのない当院の舞台裏をほんの一部ですが今回ご紹介させていただきました。来院された際は是非チェックしてみてくださいね。

(以上、終了)

「キャプテン」というポジションは当院に2011年春から導入されたポジジョンで、アメフトで言えばQB(クウォーターバック)のようなポジションです。アメフ トの試合でQBがプレイごとにボールを振り分けるように、当院のキャプテンは、受付された患者さんに関して発生した仕事を、多くの部門へ発注します。具体 的には受付事務・会計事務・診療補助・看護師に「レントゲン撮影の介助」「肛門診察の介助」「内視鏡検査前の手順説明」「肛門科の日帰り手術後の生活注意 の説明」など、多くの種類の仕事をフィードする、いわばクリニック業務の「中枢」なのです。キャプテンの指令によって、院長があちこちに走り回ることもご く普通にあるのです。
今では、キャプテンの仕事ぶりいかんによって、その日のオペレーションの成否が決まるといってよいでしょう。

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら