痔の日帰り手術ブログ

2016年5月 1日 日曜日

見張りイボって何?

こんにちは。皆さんは「見張りイボ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
今回はちょっと勘違いしやすい「見張りイボ」についてお話をします。

■見張りイボとはどんなもの?
見張りイボというくらいだからいぼ痔の一種かな?と思うかもしれませんが、これ・・・実はいぼ痔ではありません
裂肛(切れ痔)を慢性的に繰り返すことでできる皮膚のふくらみです。

■どうしてできるの?
裂肛は肛門に傷ができる状態ですが、この傷が慢性化すると便が溜まりやすくなり、そうして入り込んだ便が原因で炎症を起こしてしまいます。
便によって汚れてしまっている傷はなかなか治らず、治らないから炎症もどんどんひどくなってしまいます。
こうして裂肛が慢性化することでどんどん皮膚がイボのように厚くなり隆起することでできます。

■治療が必要?
上でも話したように隆起した皮膚ですからそれ自体に害はありません。しかし、見張りイボができるくらい裂肛が慢性化してくると、排便時以外でも痛みが続くことがあったり、ひどくなると肛門が狭くなり、便が出しづらくなってしまうことがあります。
こういった症状が酷くなると裂肛に対しての手術が必要になってくることがあります。

見張りイボは裂肛の慢性化のサインとも言えます。
「ただの切れ痔か」と放っておいても、症状が強くなる、続くなど困ったことがあればまずは専門医に診てもらうようにしましょう。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082