痔の日帰り手術ブログ

2017年5月 1日 月曜日

肛門科で最も怖い病気、壊疽性筋膜炎!

こんにちは、ららぽーと横浜クリニックです。
みなさんは「壊疽性筋膜炎(えそせいきんまくえん)」という病気をお聞きになったことはありますか?
難しい漢字が並んでいますが、まず「壊疽」とは皮膚や皮下の組織が死滅して、黒色や暗褐色に変色した状態のことを言います・・・これだけで怖くなりますよね。
今回はこの「壊疽性筋膜炎」についてご説明します。

*どんな病気?
壊疽性(えそせい)筋膜炎は、肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)や痔ろう、外傷、尿路感染がきっかけとなり、陰部や肛門周囲に急速に広範囲に炎症が進行して発症し、急激な悪化をたどる皮膚感染症です。
陰部や肛門周囲に生じた壊疽性筋膜炎は「フルニエ症候群」とも呼ばれ、半数は糖尿病の人に発症します。50~70代によく起こり、男女比は25対1と圧倒的に男性に多くみられます。
発症はまれですが肛門科領域では最も危険な病気の一つとして数えられ、死に至ることもある命にかかわる重篤な病気です。その死亡率は10%ほどです。

*どんな症状?
壊疽性筋膜炎の症状には、全身の症状の局所的な症状と2つがあります。
全身の症状
40℃以上の高熱
吐き気
関節痛
筋肉痛
全身倦怠感
とインフルエンザのような症状が出ます。非常に劇症化しやすく、進行するとショック症状、多臓器不全などを起こします。最悪の場合、敗血症を起こして亡くなってしまうこともあります。

局所的な症状
肛門や陰嚢周囲に赤く腫れた発赤
むくみから水疱
圧痛
著しい浮腫
出血による紫斑
皮膚細胞が壊死して黒くなった黒色壊死部
皮下気腫や皮下の硬結

などの皮膚症状が見られます。
重症化すると皮膚を触った時、皮下からプチプチという音(捻髪音(ねんぱつおん))が聞こえるようになります。プチプチとした感触はガスが発生しているときの特徴的な音で重症化を意味します

皮下気腫や皮下の硬結は、腹部や頸部に及ぶこともあります。
会陰部を中心とする時は外攻型、後腹膜・腹腔内に進展するものを内攻型といいます。
内攻型の場合はより悪性で、CTなどの検査を行っても確定診断することが結構難しく、致死率が高い傾向があります

一般的な筋膜炎(腰部分の皮膚によくできます)とは違って、壊疽性筋膜炎は抗生剤などの治療に反応せず急激に広がっていき、死に至りやすいのです
ほとんどが40歳代以上の男性で、多くが肛門周囲の病気をきっかけに発症する傾向にありますが、発症自体は非常にまれです。

*発症の原因は?
壊疽性筋膜炎の原因は細菌感染です。
もっとも多いのが尿路や肛門周辺からの感染です。主な原因菌はA群β溶連菌で、ほかに黄色ブドウ球菌、大腸菌などがあります。これらの細菌が、なんらかの原因によって損傷した皮膚から皮下組織に侵入し、肛門周囲、陰嚢・睾丸、会陰・大腿部の筋膜や筋肉に感染します。
細菌感染が皮下組織の筋膜まで達しますが、筋膜は全身を覆っているため、感染が全身に広がっていきます。筋膜や筋肉内で溜まった膿から腐敗ガスや毒素が発生します。
原因菌には酸素がなくとも増殖できる嫌気性菌と、酸素のあるところで増殖する好気性菌がありますが、この2つの菌が混合すると重症化します。


特に肛門周囲膿瘍が重症化すると、壊疽性筋膜炎にかかるリスクが高まります
およそ半数が肛門周囲膿瘍をきっかけに発症します。
そのほか、直腸癌の放射線治療後に発症することもあるといわれております。また、糖尿病の合併症の一つにも数えられています

*診断方法は?
壊疽性筋膜炎の診断は主に腹部単純エックス線写真、CT検査で会陰部、大腿部、鼠径部の皮下にガス像が認められたら、確定診断となります。その他、診断を補助するための皮膚の組織検査、血液検査などが行われます。
原因菌の診断方法としては、膿の培養検査を行うことで判断します。

*治療方法は?
壊疽性筋膜炎は全身に広がる感染症で、敗血症のリスクもあるので、ただちに全身症状への治療を開始する必要があります

全身療法
敗血症、細菌性ショック、高血糖に対する全身療法を行います。
糖尿病などの基礎疾患がある場合はその治療も同時に行います

外科的な治療
局所の膿汁のたまっている部位を切開し、徹底的に膿を取り除き、洗浄、消毒します。細菌感染や血流障害で壊死した組織も徹底的に除去します。
筋膜下の膿汁も排出し、筋肉を露出させ、十分に空気にさらします。
感染は全身の筋膜に沿って広がるので、この外科的治療を何度もくり返す必要があります
場合によっては、感染を食い止めるために手足の切断が必要となる場合もあります。後腹膜に進展する内攻型では開腹術も必要です。

薬を使った治療
外科的治療が終わったら、全身管理をしながら抗生剤の大量投与で強力に治療します。抗生剤も腐敗菌に有効なものを選び、注意深く全身管理を行います
特殊な治療としては、エンドトキシン吸着療法やγ(ガンマ)‐グロブリン製剤の投与、高圧酸素療法が有効な手段です。

*予防法は?
壊疽性筋膜炎への感染を予防する方法はありません。ただし、基本的な衛生習慣によって感染の可能性を軽減することはできます
身の回りの食器や調理器具などを普段から消毒し綺麗にすること、手をこまめに石けんで洗い、体も同じように清潔に保つことが有効となります。
また外傷(小さな創傷も含む)がある場合は、その都度迅速に治療し、傷口が感染するような状況を避けることも予防に繋がります。
傷がある場合に避けるべき場所として、公共の温泉やジャグジー、プールなどがあげられます。
常日頃から、肉眼では見ることのできない細菌に対する意識を徹底し、病気になるリスクを抑えていくことが壊疽性筋膜炎の予防に繋がるといえます。

*最後に
壊疽性筋膜炎の疑いがある場合には、早急に肛門科を受診し、一刻も早く治療を受ける必要があります
壊疽性筋膜炎に保存的治療の選択肢はありません。一刻も早く病態をつかみ、徹底的に早期処置・手術することが生存率を上げます。

■関連記事リンク
直腸周囲膿瘍はこんな病気もあります
肛門の上から膿!腫れて痛む「毛巣洞」とは?
肛門の膿皮症は痔瘻(痔ろう)と紛らわしい!

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック | 記事URL

2017年4月 1日 土曜日

「肛門ブジー」をご存じですか?

こんにちは、ららぽーと横浜クリニックです。
皆さんは「肛門ブジー」という言葉を耳にしたことがありますか?
肛門科で用いられる何かだということは想像できるかと思います。
「肛門ブジー」は肛門科で使われる器具の一種です。 
どんな時に使用されるのかを今回は書きます。
 
ブジーの意味
「ブジー」という言葉はあまり耳にしないのではないでしょうか。元々は英語で、Bougieと書きます。日本語では消息子(しょうそくし)と書きますが、こんな言葉は現代では医療界でもほとんど使われません。
「ブジー」と呼ばれる器具は肛門科に限らず、外科や泌尿器科などでも使用されており、一般的には主に体内(尿道など)に挿入し、管内を広げたり、診察するのに用います
この説明で肛門ブジーがどのように使われるのかを、なんとなく想像ができるかしれません。

どんな道具?

これが肛門ブジーです。
こちらは、ららぽーと横浜クリニックで実際に使用している器具ですが、良く見ると1本1本太さが違うことが分かると思います。
俗に言われる「切れ痔」(裂肛)の患者さんの中には、傷口が治っては切れを繰り返すことで、肛門の筋肉が過緊張を起こし、肛門自体が狭窄してしまう(肛門が狭くなり、細かい便しか出せなくなる)方がいらっしゃいます。そんなときに、この「肛門ブジー」を肛門から挿入し、一定時間(10-15分)留置することで筋肉を慣らし、拡張していくのです

治療の仕方
この処置は段階的に行っていくもので、初めのうちは細めの4号、次に5号、最終的には太い8号を......というように、患者さんの肛門の狭窄具合に合わせて少しずつ拡張させていきます。
肛門狭窄が重症な症例では、狭窄解除の手術が適用となるため、実はこの「肛門ブジー」を受ける患者さんはさほど多くはいませんが、これはこれで手術をせずに肛門狭窄症状をある程度は改善させられる有用な手段なんですよ。

最後に...
いかがでしたか?
狭くなってしまった肛門の治療法に、手術以外の方法があったとご存じでしたか?
定期的に「肛門ブジー」を使った診察・治療を受ける事で、硬くなった肛門括約筋を柔らかくし、開閉を比較的楽に行なうことが出来るようになります
肛門狭窄の病状の種類(筋肉の過緊張・瘢痕狭窄・術後・悪性)や程度は人によって異なるため、どのような処置を行うべきかを判断するのは専門医の役割です。
「手術が怖いから」などと一人で悩まずに、まずは肛門科を受診し、医師にご相談ください。

■関連記事リンク
裂肛・肛門狭窄に対する手術:LSIS
切れ痔(裂肛)を改善させる生活習慣について

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック | 記事URL

2017年3月 1日 水曜日

痒みの原因は肛門皮膚炎だけじゃない!?

皆さんこんにちは。ららぽーと横浜クリニックです。
今日は、前回の記事(「肛門の痒みは立派な"病気"!?」)に引き続き、『肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)』についてお話していきます。
肛門掻痒症とは「何らかの原因によって肛門に痒みを生じる病気」だということを前回はお話しました。
今回は、「肛門皮膚炎と似ている病気」についてお話をしていきたいと思います。

■肛門皮膚炎と似ている病気がある?
肛門皮膚炎は様々な原因によって引き起こされることがありますが、その多くは「便」に関することが原因であることが多いです。前回の記事を参考に生活習慣などを改善していくことで症状を軽減できることもあるでしょう。
ただし、肛門が痒いからと言って肛門皮膚炎とは限りません。なぜなら症状に「肛門の痒み」を伴う病気は肛門掻皮膚炎だけではないからです。
では、例えば具体的にどんな病気があるのか、解説していきたいと思います。

■肛門皮膚炎と間違えやすい病気
肛門皮膚炎にも様々な種類があり、似てて非なる病気もあります。いくつか紹介していきましょう。

・接触性皮膚炎
いわゆる「皮膚のかぶれ」です。肛門のかぶれの原因として多いのは、 市販の軟膏、生理用ナプキン、肛門専用のスプレー、消毒薬、ウエットティッシュなどがあります。また、脱肛や痔瘻からの分泌物でかぶれる場合もあります。 その場合は脱肛や痔瘻の治療をしなければ皮膚炎も治りません。

・皮膚カンジダ症
いわゆる「カビ」で「水虫」のようなものです。 もともとカンジダという真菌は正常な皮膚にも少しだけ存在するのですが、 体の抵抗力が落ちると増殖します。痒みはあっても軽度のことが多いです。

・皮膚癌
まれに肛門に発生した皮膚癌でかゆくなることがあります。 長い間、湿疹だと思っていたら実は癌だった...というケースもあります。 1ヶ月以上たっても肛門周囲の湿疹が治らず、痒みがおさまらなかったり、 症状が悪化するようでしたら一度、肛門科の専門医か皮膚科専門医を受診しましょう。

・尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウイルスによる感染症で、主に性行為を介して感染する病気です。 人に感染したり、他の部位に広がったりしますので早めに肛門科を受診しましょう。

・ぎょう虫症
子供の時に肛門にセロハンを当てて検査したのを覚えていませんか? 症状としては明け方にかゆくなるのが特徴です。原因が虫のため、湿疹などの皮膚変化は見られないことが多いです。ぎょう虫を駆除する薬を内服すれば治ります。

「肛門の痒み」という症状だけでこんなにも種類があるんですよ。ちょっとびっくりしませんか?
これだけ種類があると、「痒みがあるのは、肛門皮膚炎だろう!」と自分で判断するのではなく、病院へ行く必要がある病気もあることがお分かり頂けたと思います。
症状として「痒み」ですが、その症状だけでは診断がつきません。意外な病気が隠れているかもしれませんので、痒みが続くようであれば、一度専門医に診てもらうのがよいでしょう

最後に...
肛門掻痒症は何らかの原因によって肛門に痒みを生じますが、その原因としては様々な病態・病気の種類があり、それぞれ治療方法が異なります。肛門に痒みが生じたら自己判断はせず、肛門科や皮膚科のある病院にかかりましょう。
恥ずかしいとお感じになるかもしれませんが、ららぽーと横浜クリニックにも肛門の痒みで来院されている患者さんは意外に多いですよ。お気軽にご相談くださいね。

■関連記事リンク
肛門の痒みは立派な"病気"!?
お尻にカビが生える!?~肛門カンジダ症~

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック | 記事URL

2017年2月 1日 水曜日

肛門の痒みは立派な"病気"!?

こんにちは、ららぽーと横浜クリニックです。
「肛門(こうもん)掻痒症(そうようしょう)」という病気を聞いたことがありますか?
あまり聞きなれない病気かもしれませんが、肛門掻痒症とはその名の通り、何らかの原因によって肛門に痒みを生じる病気のことをいいます。

肛門掻痒症はどんな病気?
普通の皮膚炎との違いはどんなところにあるのでしょうか?



つまり、肛門掻痒症は外側から傷つけてしまうことにより引き起こされる病気なんですね。
初期の頃は入浴後から就寝前にかゆみを感じるケースも多く、強い痒みが毎日頻繁に起こる場合や、肛門が少しムズムズする程度の軽い痒みが月に1~2回程の頻度で起こる場合があります。
ひどくなると寝ている間に無意識に掻くことになり、夜だけではなく一日中かゆみを感じるようになります
症状の程度は個人差が大きいことがわかりますね。
この肛門掻痒症ほとんどの人が病気と自覚していないのです。
その理由は、この病気の原因(下記)にあるのかもしれません。

肛門掻痒症の原因
① トイレットペーパーで拭きすぎる事によって肛門の皮膚が傷付いて起こる場合
② お風呂で強く擦るようにして洗いすぎることによって肛門の皮膚に傷がついてしまう場合
③ 切れ痔やイボ痔などの肛門にできた大きな傷や、硬い便や下痢の勢いによってできた小さな傷が、肛門の痒みを引き起こしている場合
④ 脱肛によって肛門側の外部に腸粘膜が脱出している場合も、肛門に粘膜から出る分泌液が付着するため、かぶれ、湿疹などの炎症などが生じる場合
⑤ 直腸性便秘症で、直腸内に溜まった便や宿便(残留便)の刺激によって、痒みが生じている場合
⑥ アレルギー体質が原因で、肛門に痒みが生じている場合もあり、肛門の他にも性器周囲の皮膚や粘膜にも痒みが生じる場合
⑦ 糖尿病、肝臓病、腎臓病などの慢性疾患から体の解毒作用が低下し、血液や体液の汚れによって、肛門が痒くなる場合
⑧ 体には全く異常が生じていなくても、ストレスによる心因性の痒みが、肛門だけに限らず皮膚の痒みを引き起こしている場合
上記のようなことが挙げられますが、ほとんどの痒みの大元の原因は『便』です。便の刺激により痒みが引き起こされます。

治療法
◇ 便秘の治療
この病気の原因が便であることから、便が肛門にたまったり残ったりしないよう、毎日便をすっきり出しましょう。 いくら温水便座で肛門の外側をきれいに洗っても、中が便まみれだったらきれいになるはずがありません。食生活の見直しや適度な運動を心掛け、便秘の改善をしてみましょう。
◇塗り薬での治療
症状のひどい場合はステロイド外用薬を使う場合もあります。ステロイドは急にやめてしまうと再燃することが多いので、 お薬の濃度を落として徐々にやめていくこともあります。また、ステロイド外用薬の副作用を心配される方もいますが、心配はいりません。なぜなら、医師のもとで正しいコントロールを行えば、ステロイド外用薬の副作用で苦しむことはありえません。途中で塗り忘れたり、 塗るのをやめたりすると治療がふりだしに戻ってしまいます
「治った!」と思っても「かゆみがない=治った」とは限りませんので自己判断はせず、しっかり通院しましょう
◇正しく肛門の手入れをする
①掻かない・こすらない!
いくら薬をまじめに塗っていても、掻いていては治りません。 掻かないように薬を処方してありますので、強い意志でもって掻くという行為を抑えて下さい。 またトイレットペーパーでゴシゴシこすって拭くのもやめましょう。排便後は押さえ拭きが原則です。

②洗いすぎない!
温水便座はなるべく使わないで下さい。使用する場合は水圧と水温を一番低く設定し、5秒以内で終わって下さい。すっきりきれいに便が出ると、温水便座など使わなくても十分きれいになります。

③乾燥させない!
皮膚が乾燥すると痒みを感じる神経が増殖して皮膚表面まで伸びてくると言われています。つまり皮膚が乾燥すると痒みを感じやすくなるのです。 温水便座の乾燥モードなんてもっての外!絶対に使わないで下さい。

④薬品はいっさい使わない!
石鹸を含め、消毒薬、薬局で売っている肛門のスプレー、 ウエットティッシュなどはいっさい使わないで下さい。 入浴時に石鹸のついたタオルで肛門を直接ゴシゴシ洗うのもやめましょう。 背中を洗った石鹸の泡が下に落ちてくる程度の泡で十分です。洗った後はよく石鹸を洗い流しましょう。

最後に...
いかがでしたか?
肛門掻痒症とは強い痒みが、毎日頻繁に起こる場合や、肛門が少しムズムズする程度の軽い痒みが月に1~2回程の頻度で起こる場合に当てはまります。
原因は様々な病気から引き起こされることもありますが、多くは「便」に関することが原因です。今回挙げた①~⑧の原因のうち当てはまるものがあれば改善できるところから改善していきましょう。
ただし、肛門掻痒症と間違えやすい重大な病気もありますので、肛門のかゆみが続く場合は自己判断せず肛門科を受診しましょう。思わぬ病気が見つかるかもしれません。
次回はそんな肛門掻痒症と間違えやすい病気を紹介しますので、お楽しみに。

■関連記事リンク
お尻にカビが生える!?~肛門カンジダ症~
痒みの原因は肛門皮膚炎だけじゃない!?

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック | 記事URL

2017年1月 1日 日曜日

肛門の手術ではどんな器具を使っているの?

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。
当院では肛門の手術は基本的にうつ伏せ(「閉脚ジャックナイフ位」といいます)で行っています。そのため、手術中にお尻をお見せすることは難しいです。手術中の患者さんの中には「今何を使って、何をしているんだろう」と思った方もいらっしゃると思います。
今後、肛門の手術を受ける予定の患者さんも、どんな器具・器械が使われているのだろうと興味がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は当院で肛門手術に際して使用する器具のご紹介をしたいと思います。

辻仲式肛門鏡
肛門の中を観察、治療する際に使用する器具です。肛門を大きく広げて手術を行う部位を見やすくします。また、片手で手術の視野を確保できるといったメリットがあります。
当院ではほとんどの肛門手術で使用する大活躍の器具です。


ぺアン
止血や組織をつかむ時に使う鉗子でハサミのような形をしています。先端に滑り止めのギザギザがついているため、しっかりと組織をつかむことができます。
先端部の形状が、真っ直ぐな「直型」と、彎曲した「曲型(反型)」の二種類があります。
当院では主に切開排膿で患部を開く際や、血栓を摘出の際に使用します。
 

コッヘル
止血や痔核組織をつかむ時に使うもので、先端にカギのあるものを指します。
当院では主に痔核手術の際に使用しています。

※ペアンとコッヘルは外見が似ている?
上記の二つ、皆さんは違いが分かりますか?2つの器具は見た目がとてもよく似ていて、閉じた状態だとほぼ区別がつきません。
見分けるポイントは、ペアン鉗子には先端に滑り止めの溝のみがあるのに対して、コッヘルの先端部にはカギ状の突起がついていることです。
この2つは場面によって使い分けがされています。








モスキートペアン
見た目はペアンと同様で、基本的には、15cm程度のものを「ペアン」と呼び、12cm程度のものを「モスキートペアン」、それより小さいものを「ベビーモスキート」や「マイクロモスキート」などと呼びます。ただし、明確な定義があるわけではなく、医療器械メーカーによっては、サイズで分ける場合もありますし、先端部分の細さや溝の有無などで、呼び分けている場合もあるようです。
主な使用用途は、止血する際に使用します。ただし、上記の二種と違い、モスキートペアンは全長が短いため、止血用途であれば、比較的皮膚の表層に近く、かつ手術操作に繊細さを必要とする場で使用されることが多いんです。
モスキートペアンはその小ささから肛門の手術のようにより浅く、より繊細な部位に対して使用されることが多い器具です。


クーパー剪刀(せんとう)
医療用のハサミの一つで、刃先が丸く、カーブしていて幅が広いのが特徴です。
様々な使用方法があり、糸や布を切る時だけではなく、組織をはがす際にも使用します。クーパー剪刀の先端部は、幅が広く、丸くなっているため、組織を傷つけません。そのため、鈍的な剥離操作に有用な優れものです。
当院では主に糸やガーゼを切る際に使用しています。


メッツェン
医療用のハサミで、クーパー剪刀よりも先端が細く薄くなっているのが特徴です。血管の周りの薄い膜を剥がしたり、その膜を切る、血管を切るといった繊細な操作に使用されるハサミです。

持針器(しじんき)
主に外科的な手術に使用されます。縫合針を保持するための器具で、特徴は先端が短く持つ部分が長くなっており、てこの原理によって縫合針が挟まれて固定されるようになっています。
ゾンデ 
ガーゼを創部に挿入する際に使用します。
当院では主に痔ろう根治術前の切開排膿の際に使用する場合があります。


異物鑷子(セッシ)
簡単にご紹介すると、先端がとがっているピンセットです。
有鈎鑷子と無鈎鑷子の二種類があり、先端部に「鈎(=かぎ状の突起)」が「ある」タイプが有鈎鑷子、「鈎(=かぎ状の突起)」が「ない」タイプのものが無鈎鑷子です。
有鈎は皮膚や真皮などの硬い組織をつかむ際に使用し、無鈎は腸管や腹膜など軟らかい組織をつかむ時に使用します。
当院には無鈎鑷子しか使用しませんが、コンジローマなどの組織をつまむ際や、抜糸する際に使用しています


バイポーラ
電気メスの1つで、「ふたつの(bi)電極(polar)」という意味があります。
メスの先端がピンセットの先のように2つに分かれていて、それぞれの先が電極になっている。その間に電流を発生させることで小さな病変部などをピンポイントで焼くことができます。

このピンセットの間でしか通電しないので対極板(電通させるために身体に貼るシール)は不要。圧挫(押さえつけること)と同時に圧挫と同じ方向に電流を流すので保持した組織(主に血管)を凝固止血させることが出来ます。神経の集中した部位や、外来での小手術でも使用されています。


モノポーラ
電気メスの1つで、「ひとつの(mono)電極(polar)」という意味で、メスの先端が1つの電極を持つ電気メスです。患者の身体自体も伝導体として電流が流れるため、バイポーラと違い対極板を貼る必要があります。
モノポーラでは焼きながら切開できるので術野の切開、凝固で多用されます。直径0.5mm以下の細い血管では電気メスで通電するだけで止血ができ、直径2mm以下の血管では鉗子などで掴んだうえで電気メスで通電させると止血することが出来る便利な電気メスです。


膿盆
ソラマメのような形をした30cm弱のトレイです。窪みの部分は顔や体に密着しやすくし、嘔吐など液体がこぼれにくいようにするためにあります。
主な使用用途は・嘔吐や膿汁などの液体を受ける。
・ 外傷処置時のゴミを入れる。
・ 使用済みの医療器具を入れる。
・ 手術で切除、摘出したものを一時的に入れておく。

など、様々な役割があり、医療機関では必須アイテムです。もちろん肛門の手術でも使われています。サイズや深さなどはいろいろあるため、用途によって使い分けています。


最後に...
いかがでしたでしょうか。似ている形でも役割が違いさまざまな種類があるんですよ。もしかしたら、どこかの病院で実際に見たことがあるものもあったかもしれませんね。
当院での肛門手術はドラマのような「メス」などの声掛けはなく、院長と看護師との阿吽の呼吸で行っています。その為、皆さんの想像している手術とは少しイメージが違うかもしれませんが、あっという間に終わるんですよ。
今回ご紹介した器具は当院で使用されているほんの一部にはなりますが、「こんな器具を使って手術をしているんだなぁ...」と少しでも手術のイメージがわけばと思います。

■関連記事リンク
「肛門鏡」と「デジタル肛門鏡」
「肛門ブジー」をご存じですか?

投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック | 記事URL

↓↓おしりに関する情報満載のブログを更新中です!↓↓



おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082