ホーム > コラム > 女性に痔が多い理由

女性に痔が多い理由

痔は男性がなるものと考えがちですが、実は女性が多い傾向にあります。
女性は痔になる要因が多く、昨今では若い女性でも痔に悩む方が増えてきました。

女性に多い原因

ダイエット
⇒ダイエット

1つの食材だけ食べる単品ダイエットや、食事を抜くなどの間違ったダイエット方法は栄養が偏る原因となり、排便に必要な食物繊維などが不足します。食物繊維不足は便秘になりやすく、痔を発症する原因です。

生理
⇒生理

生理前や生理中は、黄体ホルモンの分泌量が増えます。
黄体ホルモンは妊娠しやすい体づくりをする役割がありますが、同時に大腸から便の水分を吸収するように働きかけるのです。その為、便が硬くなってしまい痔のリスクを高めます。

妊娠・出産
⇒妊娠・出産

妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって、生理のときと同様に痔になりやすいです。また、お腹が大きくなることで肛門への負担が増します。出産時はいきみが原因で痔が発症することもある為、妊娠中からスムーズな排便を心がけることが大切です。

冷え性
⇒冷え性

冷え性は肛門周りの血行を悪くし、痔を発症する原因です。
女性は男性と比べると筋肉量が少なく、冷え性の方が多い傾向にあります。普段からカイロをつかって体を冷やさない、湯船に浸かる、運動をして筋肉をつけるなどの冷え性対策が肝心です。

痔はデリケートな部分のトラブルですから、恥ずかしくて病院に行かずに我慢してしまう方もいます。
しかし、放置することで、症状の悪化や再発を引き起こす可能性もあります。症状が悪化する前に、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

横浜で痔などの肛門疾患でお悩みなら、当院の肛門科にご相談ください。
痔や膿皮症(のうひひょう)、血栓性外痔核などの肛門疾患は日帰り手術が可能です。
これまでの痔を含む多くの肛門疾患を検査、手術、治療をしてきた経験を生かし、患者様にご満足頂ける優しい施術を心がけています。また、女性の方が安心してご来店頂けるように、女性スタッフが多く勤務し、細やかな説明を徹底しています。

↓↓おしりに関する情報満載のブログを更新中です!↓↓



おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082