ホーム > コラム > 便秘を改善して肛門疾患を予防

便秘を改善して肛門疾患を予防

痔を含む様々な肛門疾患を予防するには、スムーズな排便が大切です。
しかし、ストレスや偏った食事などが原因で、便秘になる方は少なくありません。
便秘について知り、便秘を改善して肛門疾患の予防に役立てましょう。

便秘を改善して肛門疾患を予防

便秘にも種類がある

便秘には「機能性便秘」と「器質性便秘」があり、それぞれ原因が異なります。

⇒機能性便秘

胃や小腸・大腸など消化器官の機能低下で生じる便秘です。
急性便秘と慢性便秘の2種類があります。

  • 急性便秘…大腸のぜん動運動が弱って生じる一過性の便秘です。
    主な原因にストレスや栄養不足、水分不足などが挙げられます。
  • 慢性便秘…数日間に渡り、便通がない状態を指します。
    腸やぜん動運動などの働きが低下して起こる「弛緩性便秘」、排便のリズムが乱れによって便意に鈍くなって起こる「直腸性(習慣性)便秘」、過剰なぜん動運動によって下痢と便秘を繰り返す「けいれん性便秘」に分けられます。
⇒器質性便秘

消化器官にトラブルが生じてなる便秘で、先天性と後天性に分けられます。
先天性は先天的大腸過長症などの疾患によってなる便秘です。
後天性は大腸がんやポリープなどの疾患によって生じ、疾患を治療することで改善されます。

理想的な便を目指して

便秘の改善には、バランスの取れた食事やストレスケア、運動などが大切です。
しかし、便秘の改善とは、毎日お通じがこれば良いわけではありません。
たとえお通じがあっても便の状態が良くなければ、おしりのトラブルに発展します。
お通じの有無だけではなく、理想的な便を目指しましょう。

⇒理想的な便の条件
  • においが少ない
  • 水に浮く
  • こがね色か茶色系の色をしている

横浜で痔や毛巣洞(もうそうどう)、血栓性外痔核などの肛門疾患の相談検査、治療なら、当院にお任せください。当院では、ほとんどの肛門疾患が日帰り手術可能です。
手術法や手術機材の進歩により、痔の手術の痛みは大幅に軽減されました。痔を放置してつらい痛みに耐えるのではなく、早めに治療をして痛みやストレスから解放されませんか?

↓↓おしりに関する情報満載のブログを更新中です!↓↓



おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082