ホーム > コラム > 痔によい食べ物とは

痔によい食べ物とは

と食生活は密接な関係にあります。
日頃から痔に良いとされる食材を食べるように心がけましょう。

野菜

野菜

痔の予防・改善には、食物繊維が有効です。
食物繊維を摂取することで便通がスムーズになったり、腸内を刺激してぜん動運動を活発化したりと様々なメリットがあります。ごぼうやれんこん、大根などの根菜など、食物繊維が豊富に含まれている野菜を積極的に食べるように心がけましょう。

果物

果物

みかんやレモン、グレープフルーツなどの果物には、ビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPは毛細血管を強くする働きがあるとされ、痔を引き起こす原因であるうっ血の予防に役立ちます。

また、バナナやアセロラは食物繊維が豊富です。
季節の果物を積極的に食べるようにしましょう。
ただし、糖分を考慮し食べ過ぎにはご注意ください。

乳製品

乳製品

痔を招く便秘・下痢を防ぎます。
乳酸菌などの善玉菌を含む乳酸菌は、腸内環境を整える為にも日頃から食べる習慣を身につけるようにしましょう。

海藻類

海藻類

ワカメや昆布などにも食物繊維が豊富に含まれています。
味噌汁の具材にしたり、ご飯に混ぜたりと工夫を講じることで手軽に摂取できます。

豆類

豆類

えんどう豆や枝豆、大豆、もしくは豆腐など豆を用いた豆食品には、食物繊維やタンパク質、ビタミンなどが含まれています。

私たちの体はタンパク質で構成され、キズの修復にはタンパク質を必要とするのです。また、ビタミンも傷ついた患部の再生に必要な栄養素です。

豆類は調理しやすいので、意識して料理に使うようにしましょう。

横浜で、きれ痔いぼ痔あな痔などの肛門疾患でお悩みなら、当院の肛門科にご相談ください。当院では痔を含むほとんどの肛門疾患の日帰り手術が可能です。症状によって日帰り手術が難しいケースもありますが、その際は患者様とご相談のうえ最善の治療法をご提案いたします。
日帰り手術に関することで不安、疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

↓↓おしりに関する情報満載のブログを更新中です!↓↓



おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082