痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

切れ痔(裂肛)の手術の不思議

数年前、私がまだ一般病院に勤務していた頃は、切れ痔の患者さんが外来に来ても手術をすることは絶対にありませんでした。
「切れ痔は軟膏(ぬり薬)で治す」が、その病院の「常識」だったからです。
地方の都市を代表する総合病院や大学病院では、今現在も「切れ痔(裂肛)の手術」はほとんど行われていません。

その理由は、
①手術法自体が専門家領域であること 
②総合病院や大学病院では癌患者の手術が優先されること 
③軟膏による治療だけでも一定の効果が得られること
などです。


・・・ところが、胃腸肛門病の専門病院に勤務するとわかることなのですが、
「裂肛(切れ痔)こそが最も、手術した患者さんに喜ばれる」という現実があります。
手術では、狭くなっている肛門を拡張したり、肛門を狭くしている筋肉の緊張を取ったり、肛門の近くの皮膚を肛門内へ移動することで肛門のサイズに余裕を持たせたりします。このような手術は「肛門形成術」とも呼ばれています。
他の痔(いぼ痔;痔核、あな痔;痔瘻)も手術によって症状が劇的に改善するので、患者さんに喜んで頂けるのですが、裂肛の術後には「排便が楽に出るようになった」「手術前の排便の痛み、苦しみが嘘のよう」と、喜びの声が特に大きいのです。
(参照)裂肛(切れ痔)の日帰り手術


そのことを考えると、切れ痔(裂肛)については、
現在考えられている基準よりももっと軽症の患者さんに対しても手術を行っても良いのではないかと思います。
この「切れ痔(裂肛)」は、若い女性に多いことでも知られています。
手術はほとんど傷を残しません。

お悩みのあなた!
早めに受診して肛門形成手術を受けると、一気に楽になるかもしれません。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら