痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

いぼ痔(痔核)の手術:結紮切除術とは(続編)

痔は、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)の3つに大別できます。
結紮切除術は、痔核の手術です。

前回に引き続き「結紮切除術」です。
他の特徴としては、以下の通りです。
・正しい層で切除すれば肛門の筋肉(肛門括約筋)を傷つけることはありません(術後に肛門が緩むことはありません)。
・肛門が狭くなることはほぼありません(正常な粘膜まで大きく切除すれば術後の肛門狭窄の原因となってしまいます)。
・重症の痔核の場合は、同時に複数切除可能です(一回の手術で根治)。
・吸収糸(溶ける糸)で縫います(抜糸の必要がありません)。
・縫い方は、半閉鎖法(半分だけ縫う)が一般的ですが、傷に加わる負担を見ながら完全に縫う場合や、逆に縫わない場合もあります(痛みが少ない所以です)。

麻酔方法としては腰椎麻酔や仙骨麻酔(下半身麻酔)が一般的です。
両麻酔とも、体は横にしていれば手術が終了し、痛みはありません。


手術による治療は、「しっかり治る」ことが、決定的に他の治療法と違って良い点です。
ところが、手術が必要な場面でも患者さんが躊躇される場面がよくあります・・・大概は痛みが心配のようです。

術後の痛みについては、前回も書いたとおり、専門の医師が執刀すれば、ほぼ心配のないレベルまで改善されております。敢えて言えば、排便時に強い力が加わることによる痛みや少量の出血があります。
しかし、これらには個人差があって、当院ではほとんどの患者さん(約90%)は「予想よりも痛くなかった」と答えています。

一般的傾向としては、術前の状態がかなりひどかった場合や、もとより便が固い患者さんなどの場合は、痛みがあるようです。
そこで、当院では排便のコントロールや入浴の指導をすることで、痛みを少しでも少なくするようにしています。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら