痔の日帰り手術ブログ

2012年1月17日 火曜日

裂肛痔瘻とは

「裂肛痔瘻」という病気を聞いたことがありますか?

簡潔に書くと、「裂肛(切れ痔)」部分から「痔瘻の管」ができた状態のことです。
裂肛(切れ痔)とは、肛門を体の外側から触れることができる部分から少し肛門内に入った部分にできる傷のことですが、裂肛(切れ痔)を繰り返すと、そこがくぼんだようになります(潰瘍化)。
度重なる裂肛(切れ痔)により、細菌が裂肛のくぼんだ部分(潰瘍)に感染して、その後、トンネルをつくるように肛門の表面の皮膚まで進んできた状態を「裂肛痔瘻」と呼ぶのです。


この「裂肛痔瘻」、専門家以外の医師が肛門の外から普通にボヤーッと診察していると、まず見逃されます。
・・・なにせ、わずかにくぼんでいるだけですから。

裂肛の手術を行えるのも肛門科専門医師に限られますが、さらにそこに潜む「裂肛痔瘻」を正確に見極めて最適な手術を施すのは、肛門科医の力量の証だと思います。
(裂肛痔瘻に限らず、痔瘻の存在をしっかり診察できるのは、肛門の専門家しかいません)

初診の時に、肛門を丁寧に観察する医師は良い肛門科医の可能性が高いです。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック

おしりの日帰り手術なら、ららぽーと横浜クリニックへ! TEL:045-929-5082
アクセス



住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1

診療時間
9:00~13:00 / 17:00~19:00
※土・日・祝は午後の診療は
 14:00~17:00まで

詳しくはこちら