おしりの日帰り手術.jP
医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック監修
痔の日帰り手術なら横浜市新横浜のららぽーと横浜クリニックへ
℡:045-929-5082

横浜で肛門のトラブル(あな痔・きれ痔・いぼ痔)について相談するなら【ららぽーと横浜クリニック】へ~刺激物をとり過ぎると痔になるのはなぜ?~

横浜で肛門の治療を行う【ららぽーと横浜クリニック】

横浜で肛門の治療を行う【ららぽーと横浜クリニック】

横浜で肛門の治療を行う【ららぽーと横浜クリニック】では、患者さんの話を丁寧にお聞きし、肛門指診・肛門鏡で肛門の状態をチェックします。

デジタル肛門鏡により映し出された映像を見ながら、詳しく説明することが可能です。複雑な病気の場合は、紙を用いて病状・治療方針についてご納得いただけるまで何度も説明いたしますので、少しでも気になることがあればお気軽にご質問ください。

【ららぽーと横浜クリニック】はプライバシーも重視しており、待合室ではどの方が肛門外科なのかわかりません。女性スタッフも多く在籍しておりますので、横浜で肛門の治療をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

あな痔(痔瘻)・きれ痔(裂肛)・いぼ痔(痔核)でお悩みなら【ららぽーと横浜クリニック】に相談を

あな痔(痔瘻)・きれ痔(裂肛)・いぼ痔(痔核)でお悩みなら【ららぽーと横浜クリニック】に相談を

あな痔(痔瘻)・きれ痔(裂肛)・いぼ痔(痔核)でお悩みの方は、【ららぽーと横浜クリニック】にご相談ください。【ららぽーと横浜クリニック】では、あらゆる肛門疾患に対応しております。

お尻のトラブルはなかなか人に話すことができないものです。そのため、痔を放置している方も多くいらっしゃいますが、痔は放置しても治ることはないため、まだ症状が軽いうちからしっかりと治療をすることが大切です。

【ららぽーと横浜クリニック】では、入院を必要としない日帰り手術を行っております。患者さんに優しい治療を心がけておりますので、横浜で肛門外科をお探しの方はお気軽にご予約ください。

刺激物をとり過ぎると痔になるのはなぜ?

痔になる原因として便秘や下痢、冷えなどがあります。また、唐辛子・キムチなどの刺激物の食べ過ぎによっても痔になることがあるのをご存知でしょうか。

肛門粘膜は、辛いものに含まれている刺激成分に弱いということが関係しています。唐辛子に含まれる辛味成分「カプサイシン」は、体内で消化・吸収されずに排泄物として体外へ出されます。

このカプサイシンには粘膜を刺激する性質があり、排出の際にお尻に熱や痛みを与えます。そのため、辛いものを毎日食べたり大量に摂取したりすることで、お尻に大きな負担を与えてしまい、それが痔を引き起こしてしまうのです。

日常生活でできる痔の予防として、刺激物のとり過ぎにも注意しましょう。

お役立ちコラム

横浜で肛門の治療を受けるなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1 ららぽーと横浜1階
TEL 045-929-5082
最寄り駅 JR横浜線「鴨居」駅
(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
URL https://www.1day-surgery.jp/