おしりの日帰り手術.jP
医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック監修
痔の日帰り手術なら横浜市新横浜のららぽーと横浜クリニックへ
℡:045-929-5082

横浜の肛門外科【ららぽーと横浜クリニック】は女性スタッフも在籍~もしかしたら隠れ痔かも?~

横浜で肛門外科をお探しなら女性スタッフが多く在籍する【ららぽーと横浜クリニック】へ

横浜で肛門外科をお探しなら女性スタッフが多く在籍する【ららぽーと横浜クリニック】へ

横浜で肛門外科をお探しの方は、【ららぽーと横浜クリニック】をご利用ください。【ららぽーと横浜クリニック】では、痔核・裂肛・痔瘻・脱肛・血栓性外痔核・肛門周囲膿瘍・膿皮症などあらゆる肛門疾患に対応しております。

多くの人は「恥ずかしい」という理由から、肛門疾患を放置してしまいがちです。特に女性はなかなか病院に行きづらいでしょう。

【ららぽーと横浜クリニック】では、女性の方でも気軽にご来院していただけるよう、女性スタッフが多く勤務しております。来院される方の男女比も半分半分ですので、恥ずかしがらずにご来院ください。

痔は一人で悩まず【ららぽーと横浜クリニック】に相談を

痔は一人で悩まず【ららぽーと横浜クリニック】に相談を

「痔はおじさんがなる病気」だと思っていませんか?私たちにとって、痔は一般的な病気です。男女関係なく痔になりますし、若い人でも痔に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

痔はデリケートな部分にできるため、どうしても「恥ずかしい」という気持ちが先行してしまいますが、早いうちに治療をすれば簡単な治療で済むことも少なくありません。痔が悪化すると生活に支障をきたしてしまうこともあるため、恥ずかしがらずにまずはご相談ください。

横浜の肛門外科【ららぽーと横浜クリニック】では、患者さんに優しい治療を心がけております。不安を解消していただくため細やかな治療の説明を行いますので、横浜で肛門外科をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

もしかしたら隠れ痔かも?

痔は痛くて血が出るものだけだと思っていませんか?中には、痛みなどの自覚症状がほとんどない「隠れ痔」というものもあります。

隠れ痔とは、痛みをあまり感じない直腸と肛門の境目の粘膜部にできる痔のことです。この隠れ痔は排便時や出産時などでいきんで圧が加わることで悪化し、自覚症状として現れる時にはいぼ痔寸前の状態となっている場合が多くあります。

大きくなると、排便後にいぼを指で押し込まないと戻らなくなったり、いぼを戻すのに数時間かかったりすることもあります。もちろん痛みも激しくなるため、生活に支障をきたしてしまうでしょう。

自分は痔ではないと安心している方でも、排便習慣や生活習慣の乱れなどで痔になってしまうことがありますので、気になる方は検査をご検討ください。

お役立ちコラム

横浜で肛門外科を受診するなら【ららぽーと横浜クリニック】へ

名称 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1 ららぽーと横浜1階
TEL 045-929-5082
最寄り駅 JR横浜線「鴨居」駅
(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
URL https://www.1day-surgery.jp/